日本で生活する外国人の皆さまのビザ申請、在留資格取得をサポートします

外国人の入国・在留資格・帰化の申請に関すること

お問い合わせ、初回相談料無料です

外国人の方が、日本国内で仕事をしたり学校に通ったり生活していくには、「在留資格」が必要になります。行政書士ながい事務所では在留資格の申請、各種手続きをサポートします。

 安心して日本に入国し、安心して日本に滞在を続けることができるよう、行政書士ながい事務所が、就労ビザ申請、配偶者ビザ申請、永住、帰化、会社設立、その他日常手続きに関するご相談をお受けしております。

 入国・在留・留学・就職・結婚・永住・帰化・起業まで日本で生活する外国人の皆さまをサポートします。お気軽にお問合せください。

こちらから お問い合わせ

在留資格申請には、審査基準がわかりにくい・申請書類の差し替えができないという特徴があります。慎重に書類を作成する必要があります。ぜひ、申請をする前にご相談ください。

入国管理局申請取次行政書士について

入国管理局申請取次行政書士のいる事務所です

 入国管理局への申請(例:在留資格認定証明書、在留期間の更新・変更、永住許可など)は、外国人ご本人が地方入稿管理局に出頭しておこなうのが原則となっています。この例外が、申請取次制度であり、申請取次者が必要書類を提出することにより、本人の出頭が免除されます。

「申請取次行政書士」とは、出入国管理に関する一定の研修を受けた行政書士で、申請者本人に代わって申請書などを提出することが認められた行政書士です。

 行政書士ながい事務所の行政書士長井寿郎は、この申請取次行政書士であることの届出済証明書を保有している行政書士です。入国管理局への申請において申請者ご本人の出頭が免除されます。

※帰化申請(外国人が日本国籍を取得するための申請)は、申請者ご本人と法務局担当官との面談や面接があり、本人出頭が必要となりますので、あらかじめご了承ください。

●ご依頼についての注意点

 ご依頼をいただいても、必ず許可が保証されている訳ではございません。「申請取次行政書士」の役割とは、入国管理局が申請者(外国人本人)に求める書類の収集や、真実に基づく的確な理由書等を代書することにより、申請手続きを円滑にし、許可取得のサポートをすることです。

 行政書士ながい事務所では、お客様が作成した申請書類等の提出のみの代行などは、ご依頼をお断りする場合がございます。また、ご相談・ご依頼はご本人及び当事者、関係者からのみ受け付けております。外国人本人、外国人のご家族の方、外国人を雇いたいと考えている企業のご担当者様など、直接の関係者からのご依頼しか受けません。外国人ご本人と無関係な方からのご依頼はお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。