助成金・補助金申請サポート業務

補助金・助成金とは何?

どちらも「返済不要」という共通した点をもつ資金となります。さまざまな事業向けの助成金・補助金があり、国や各種団体から皆様の業務に対して資金を提供するものです。

(厳密にいうと助成金・補助金は異なるのですが、ここでは同じものとして扱わせていただきます。)

「助成金・補助金の案内は送られてくるけど、手続きがわからないし、調べるのも手間だな・・・・」と活用を検討しない事業者の方も多いところです。


皆様の事業にあった助成金・補助金の申請をサポートします

助成金・補助金は融資と違って返済不要の資金であり、事業者の方々にとっては貴重な資金の調達手段です。助成金・補助金といっても数多くの種類があります。その中から受給条件を確認したり、不慣れな書類を一枚づつ作成するのは忙しい皆様には、大変な労力を取られることであきらめてしまうかもしれません。

行政書士ながい事務所ではお客様と綿密な打ち合わせを行い、事業にあった助成金・補助金を提案し、スムーズな申請となるよう全力でサポートいたします。どれに応募したらよいかわからないときなど、いつでもご相談ください。

成功報酬型です

行政書士ながい事務所では、助成金・補助金申請では成功報酬型をとらせていただいております。(助成金・補助金によっては競争率が数倍~10倍なものも多く、採択されない場合のお客様の負担をなくしています。着手金はぎりぎり最低限の必要な経費だけでお受けしています。)

安心してご相談ください。報酬額に関しては申請する金額によって別途お見積もり作成いたします。



助成金・補助金の公募への応募は申請であり、応募書類の作成・申請の代行、特に官公庁の募集する補助金への応募は行政書士業務となりますが、厚生労働省系の助成金については社会保険労務士の業務であるので、厚生労働省系の助成金については弊所では取り扱っておりませんので、あらかじめご了承ください。


経営革新等支援機関だからできること

(通称:認定支援機関)


代表の特定行政書士 長井寿郎は経済産業局に登録している経営革新等支援機関です。中小企業の様々な悩みを解決するスペシャリストです。新潟県の行政書士としては、初めてとなる認定支援機関であり、行政書士ならではの官公署等へ提出する書類作成のプロとして補助金申請をサポートします。


採択率の高さがプロの仕事です


中小企業が利用するにあたり、①ものづくり補助金、②小規模事業者持続化補助金、③IT補助金(俗称:補助金3兄弟)と呼ばれる補助金での高い採択率がプロの仕事を物語っています。平成30年度に公募された補助金の採択率は以下の通りです。


ものづくり補助金 申請6件中5件採択率83.3%

小規模事業者持続化補助金 申請14件中13件採択率92.8%

IT補助金 申請9件中9件採択率100%


この他にも、企業主導型主導型保育事業、にいがた産業創造機構公募の補助金申請も多数採択させていただいています。採択後の提出資料に関しても認定支援機関ならではのアフターサポートで対応しています。採択された後は中小企業に書類はお任せか採択後の書類づくりは別料金といったアフターフォローがつかない申請代行が多い中、行政書士ながい事務所では、採択後も安心して書類作成をお任せいただくことができます。当然、追加料金はかかりません。