行政書士はどんな書類を作成してくれるの?

「官公署に提出する書類」「権利義務に関する書類」

「事実証明に関する書類」を作成します。

行政書士は法人企業や自営業者、個人の方からの依頼を受けて、役所に提出する許認可等の申請書類を作成します。また依頼者に代わって、「権利義務」や「事実証明」に関する書類の作成・代理を行うことも行政書士の役割です。


行政書士が作成する書類には次のようなものがあります。

「官公署に提出する書類」・・・・・・

自動車登録、農地転用許可、飲食店営業許可、産業廃棄物処理業許可、会社設立、法人設立、在留資格関係許可、建設業、運送業許可に関することなど。

「権利義務に関する書類」・・・・・・

遺言書、遺産分割協議書、各種契約書(売買、消費貸借、賃貸借、請負、委託など)、示談書、協議書、内容証明書に関することなど。

「事実証明に関する書類」・・・・・・

実地調査に基づく各種図面類(位置図、案内図、現況測量図等)、会社定款の作成、各種議事録、会計記帳に関することなど。


行政書士が行える業務は1万種類。

行政書士が皆さまのお役に立てる書類、手続きは多岐にわたり、行政書士が扱える書類はなんと1万種類に及ぶといわれています。つまり行政書士とは、多様な対象業務において、依頼されるお客様にとっては不慣れな書類の作成や申請手続きをアシストする専門家のことです。

また行政書士は、書類を作成するだけではなく、お客様の悩みや疑問を解決するコンサルタントという役も担っています。


※他の法律で制限されている業務に関してはお受けできない場合もあります。そのような場合は、希望により弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士等の他の士業の方を紹介させていただくこともあります。